DAY CARE通所介護 リハビリテーション颯

自分らしい生活をあきらめない。家庭や地域での活躍を目指して。

要支援認定者、要介護認定者の数多くの皆様の「リハビリを受けたい」とのご要望にお応えするため、リハビリデイのパイオニア、在宅療養支援楓の風グループが開発した生活期リハビリテーションを提供する短時間制リハビリデイサービスです。

リハビリテーション颯は、あなたの望む自分らしい生活への近道を提案し、共に歩ませていただきます。

PDCAを繰り返し行うことで、ご利用者様の目標を実現します

PLAN. 計画を立てる

現在のお体の状態や、生活のご様子を生活相談員がうかがいます。あなたにとって最も生き甲斐となる目標を立てましょう。

DO. 実行する

目標達成に向けてリハビリを開始しましょう。リハビリ専門職が無理のないあなたのトライをそばで支援します。

CHECK. モニタリング・評価

リハビリの成果と目標の達成状況を定期的に確認します。今日までの成果が実感できれば、また明日から頑張ることができます。

ACTION. 改善する

お体の状態やご希望に応じて、目標やリハビリのメニューは、いつでも最善のものに変更することが出来ます。

リハビリテーション颯 6つのプログラム

体の準備プログラム
口腔機能向上訓練

生活・健康の基礎として実施。誤嚥性肺炎による心身機能低下の予防。

物理療法

痛みを緩和、筋肉の動きをしなやかに、生活機能向上を目的としたプログラム

運動療法

生活機能の阻害要因となっている身体機能の回復、強化

活躍を目指したプログラム
個別機能訓練

日常生活動作の幅を広げる、維持する、ご本人様にあった効果的な各種リハビリプログラム

目的別グループワーク

同じ目的に向かって小グループを編成してそれぞれの目標を達成するため取り組むプログラム

ホームワーク

デイサービス利用時以外の生活の広がりにチャレンジ出来るような自宅で取り組める事を提案

リハビリテーション颯 1日の流れ

送迎
(8:30 / 12:45)
ご自宅までお迎えに参ります。
健康チェック
(9:00 / 13:15)
ゆっくりとコーヒーやお茶を飲みながら、健康チェック。看護師の見守りのもと、血圧・体温・脈拍を測定します。
各種リハビリテーショントレーニング
(9:15 / 13:30)
運動療法、物理療法、個別機能訓練などのプログラムを機能訓練指導員の指導のもと実施していただきます。
口腔リハビリ
(11:50 / 15:55)
安全に美味しく食事が取れるように、そして誤嚥性肺炎のゼロを目指してしっかりリハビリをします。
送迎
(12:10 / 16:25)
ご自宅までお送りいたします。

スタッフ紹介

理学療法士 木村
社会福祉士 荻野

施設概要

リハビリテーション颯 せと
在籍スタッフ 理学療法士、社会福祉士、介護福祉士 他
サービス提供時間 3時間以上4時間未満 地域密着型通所介護事業所
サービス時間と定員 【午前】9:00〜12:10 / 18名
【午後】13:15〜16:25 / 18名
営業日 月曜日から金曜日(祝日・夏季休暇・年末年始を除く)
送迎エリア 瀬戸市 ※詳しくはお問い合わせください
その他 お食事と入浴サービスはございません。予めご了承ください。
リハビリテーション颯 みずの

2021年開所予定です。今しばらくお待ちください。

HOME-VISIT CARE在宅療養 らしくす訪問看護ステーション

瀬戸市を中心に、看護師、理学療法士、作業療法士の専門職がご利用者さまのご自宅、サービス付き高齢者向け住宅、有料老人ホーム等にて、訪問看護、訪問リハビリを提供しております。高齢者のみならず医療保険、介護保険、自立支援医療により、幼児~高齢者まで幅広い年齢の方に訪問看護・訪問リハビリをご利用していただけます。

らしくす訪問看護ステーションの強みは、最期まで”らしく生きる”に寄り添う終末期の支援とリハビリテーションを通して地域や社会での活躍に繋げる生活期の支援です。主治医やケアマネージャー様との連携を深め安心と信頼の看護を提供いたします。

急な退院やご相談日からの訪問などにもご対応可能です。在宅療養生活について具体的な説明を致しますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

らしくす訪問看護ステーション3つのこだわり

1POINT
想いに生活に人生に馳せる

私たちは病や障がいではなく一人の人の人生を看る事が仕事です。その方がどんな人生を歩んできて、何を大切にしてきたか、病や障がいがその方の人生にどのような影響を与え、そして今何に最も困っているのか、丁寧に汲み取り支援につなげます。

2POINT
とことん寄り添います

100人の利用者様がいれば100通りの病気・障がいとの向き合い方があります。対話の積み重ねを通じて人が悩みと向き合う力=レジリエンスを育み、喪失を少しずつ受け入れながら新たな現実に向かう歩みにとことん寄り添います。

3POINT
応え続ける

年齢・疾患・障がいの程度に関わらず「家での暮らし」を望まれる全ての方が納得のいく在宅療養が出来るよう、また、利用者様の望む1日の実現に向けご家族様、支援者という枠組みを超えたチームとして、全力で応え続けます。

サービス内容

健康状態の確認や内服管理

体温、脈拍、血圧の確認、お薬の内服確認

医師の指示による医療処置

吸引、吸痰、カテーテル・在宅酸素管理等

療養上のケア・指導

食事・排泄などの介助・指導、体の清拭、洗髪など

リハビリテーション

麻痺、筋力低下に対する機能改善、痛みのケア、家事等日常生活動作の訓練・指導、屋外活動支援

ターミナルケア

がん末期の方や人工透析の継続が困難な方など終末期の方、支えるご家族様への在宅生活支援

復職、リワーク支援

支援機関との連携や復職に必要なスキル獲得につなげる訓練・指導

障がい児への発達支援

障がい児へのリハビリテーション

医療・介護に関するご相談

その他、医療、介護に関するご相談もお気軽にお問い合わせください。

訪問看護のご利用の流れ

1.当ステーションまたはかかりつけ医に相談

介護保険で利用される場合、ケアプランに訪問看護、リハを組み入れます。

2.かかりつけ医が指示書を交付

3.お問い合わせ

お問い合わせフォーム、またはお電話などでご連絡ください。担当者が承ります。

4.ご相談

お客様のご要望をお伺いいたします。ご相談は無料ですのでご安心ください。行政・病院・ケアプラン情報などの確認をさせていただきます。

5.初回訪問・ご契約

初回ご訪問時までに、かかりつけ医と連携し、訪問看護指示書の手配をいたします。その内容をもとに、重要事項などをご説明いたします。ご了解を頂いた上でサービスのご契約を行います。

6.定期訪問

お客様個々のプランに基づき、定期的にご訪問させていただきます。ご本人、ご家族を問わず、ご要望がございましたら随時お申し付けください。クレームなどに関しては迅速に対応させていただきます。

7.定期報告・連携

かかりつけ医やケアマネージャーに定期報告を入れ、連携・協議を行います。お客様やご家族のご要望に、きめ細かく対応してまいります。

介護保険

訪問看護

看護師
(要介護/要⽀援)
准看護師
(要介護/要⽀援)
〜20分(要介護/要⽀援) 312単位/301単位 281単位/271単位
〜30分(要介護/要⽀援) 469単位/449単位 422単位/404単位
30分〜1時間(要介護/要⽀援) 819単位/790単位 737単位/711単位
1〜1.5時間(要介護/要⽀援) 1,122単位/1,084単位 1,010単位/976単位
  • 早朝(訪問開始時間 午前6:00〜午前7:59): 利用単位×1.25
  • 夜間(訪問開始時間 午後6:00〜午後9:59): 利用単位×1.25
  • 深夜(訪問開始時間 午後10:00〜午前5:59): 利用単位×1.5

訪問リハビリテーション

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
(要介護/要⽀援)
20分(要介護/要⽀援) 297単位/387単位
40分(要介護/要⽀援) 594単位/574単位
60分(要介護/要⽀援) 801単位/774単位
  • 対象は、理学療法士・作業療法士・言語聴覚士です。

加算

(1) 初回加算 300単位
(2) 特別管理加算(Ⅰ) 500単位
(3) 特別管理加算(Ⅱ) 250単位
(4) 緊急時訪問看護加算 574単位
(5) 退院時共同指導加算 600単位
(6) ターミナルケア加算 2,000単位
  • 1単位 = 10.21円(瀬戸市・尾張旭市)、10.42円(長久手市)で計算します。
  • 利用者さまの負担は負担割合によって異なります。(1〜3割)
  • (2)、(3) 医療的管理の必要な⽅・・・IVH・点滴・胃ろう・経管栄養・膀胱留置カテーテル・人工肛門・人工膀胱・間欠導尿・透析など管理が必要な方
  • (4) 24時間連絡が取れる体制を提供いたします。ご希望がありましたらお申し出ください。定期の訪問以外の時間に利⽤者からの電話相談・臨時の訪問を⾏います。
  • (6) 亡くなる24時間以内に訪問した場合に加算されます。(亡くなられた月のみ加算)

よくあるご質問

特に必要ありません。しかし、医療的処置を行う際の消耗品(カテーテル、ゴム手袋、ガーゼ等)などはご利用者さんでご用意して頂くことがありますので必要な場合は看護スタッフが助言致します。

ご病気の種類により、医療保険が優先、又は介護保険と医療保険同時に使用する可能性がございます。一度ご相談ください。

もちろんご利用いただけます。45歳以下の方は医療保険(1~3割負担)でのご利用が可能です。

ご利用される方の年齢、ご病気により、医療保険適応か介護保険適応かが異なります。介護保険適応の方は、まずは介護認定申請の必要がありますので、一度、当ステーション、又は最寄りの地域包括支援センターにご相談ください。

介護保険でも医療保険でも主治医の「訪問看護指示書」が必要となります。

病名や予後の告知は必ずしも必須ではありません。ご家族様のご要望に合わせて対応致します。

自分たちの生活の仕方に沿った支援を心掛けています。寝たきりになる期間は人それぞれですががん末期の場合は短期間です。死に至るまでの過程に対する恐怖もあおりだと思います。その恐怖心も含め私たちは受け止め支えます。お互いが納得のいくお別れをするための相応の準備を共にすすめて参りましょう。

急変がおきないように医師や看護師は可能な限り予測を立て支援にあたっております。ご本人様やご家族様と一緒に、万が一急変があった場合の対応について綿密に情報交換を行い対応致します。

最期は家で看取られて亡くなることが当たり前だった時代がいつの間にか死は病院で迎えるものとなり、誰にとっても日々の延長にあるはずの死が日常から隔離されるようになりました。「これ以上の治療は出来ない」と判断された場合、除痛などの適切な医療とともにご本人様はもちろん、ご家族も一緒に死に至るまでの過程に対する恐怖に対し、ともに向き合い心通うケアが必要となります。

EMPLOYMENT SUPPORT就労支援 RASHIKS WORKS(開設準備中)

モノヅクリ×瀬戸を生かした就労を可能に。

約1,000年前から一度も途切れずやきものの生産を続けてきた、世界的にも稀有な産地。日本で陶器一般を指す「せともの」という言葉は、長い歴史のなかで、やきものづくりを牽引してきた瀬戸焼からきています。

瀬戸ならではの就労を形にするべく、現在開設準備中です。